素敵なシニアライフぽかぽか

有料老人ホームについてご紹介してます。

有料老人ホームの種類と特徴

介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

介護や食事等のサービスの付いた高齢者向けの居住施設有料老人ホームで、介護保険での、定められた基準を満たし、特定施設入居者生活介護に指定されています。このタイプの有料老人ホームは、介護サービスが義務付けられた施設であり、要介護者3人に対して、ホームの介護スタッフが1人以上の割合で配置されています。現状として、これらの基準が満たされていなくても、虚偽申告をして老人ホームを運営している所もあります。そういった件も踏まえて、老人ホーム選びは慎重且つ丁寧に行わなければなりません。

入居対象者は、施設によって異なりますが、60〜65歳程度以上の自立者および要支援・要介護者です。

介護が必要になった時の対応は

有料老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護の利用をしながら、有料老人ホームの居室で生活を継続することが可能になります。24時間ケアスタッフが常駐し、いつでも介護を受けることが出来き、安心して生活出来ることが特徴です。しかし、有料老人ホームによっては、介護サービス料金の計算方法が違ってたり、介護が必要になると「自室で介護を受けられる」、「相部屋に移動」や「専用の介護棟に移動」などホームにより異なりますので、入居契約前に必ず確認しておきましょう。

介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)

介護等のサービスの付いた高齢者向けの居住施設の有料老人ホームです。
平成18年の介護保険法改正時に新たに設けられた仕組みの、住宅型有料老人ホームのメリット(1対1の介護サービスを提供)と一般型(特定施設入居者生活介護)介護付有料老人ホームのメリット(ケアサービス計画にスタッフが関わる)を合わせた仕組みになっています。

入居対象者は、施設によって異なりますが、60〜65歳程度以上の自立者および要支援・要介護者です。

介護が必要になった時の対応

有料老人ホームの委託先で、介護サービス事業所が提供する介護サービスを利用しながら、有料老人ホームの居室で生活を継続することが可能です。
一般型と同様で、介護が必要になると「自室で介護を受けられる」または「相部屋に移動する」、「専用の介護棟に移動する」などホームによって異なりますので、入居契約前に確認しておく必要があるでしょう。
また、委託先の介護サービス事業所はどこかなのか?、夜間等の緊急時の対応はどうなっているのか?等を確認しておく必要があります。

Favorite

Last update:2019/7/10

Copyright © 素敵なシニアライフぽかぽか ll Rights Reserved.